ビューティーオープナーに副作用あり?現役エステティシャンが徹底解析!

ビューティーオープナーに副作用はないの?現役エステティシャンが徹底解析!

 

卵殻膜化粧品の中でも特に話題になっているのが「ビューティーオープナー」。
口コミでも高評価で、芸能人や著名人までも愛用している人が増えているのも事実。
その理由は、効果を実感している人が多いからです。

 

でも、それほどまでに効果があるなら副作用はないのでしょうか?
配合されている成分やメーカーさんのことも確認しながら、ビューティーオープナーの安全性を検証していきましょう。

 

ビューティーオープナーの配合成分に問題はない?

 

「この成分が入っているから効果がある!」という謳い文句の化粧品はいくらでもありますが、気になるのは「何が入っている」というよりは「何が入っていないか」ということ。
ビューティーオープナーはどうでしょうか。

 

ビューティーオープナーには5つの成分が入っていない!

 

毎日のお手入れに欠かせない化粧品だからこそ、美容効果はもちろんですが、安全で安心なものに拘りたいですよね。

 

ビューティーオープナーは、以下の5つの成分が入っていません。

  1. 合成香料
  2. 合成着色料
  3. 鉱油物
  4. アルコール
  5. 防腐剤

 

こちらの画像にもあるように、ビューティーオープナーの冊子にも堂々と記載されています。
「無添加」や「自然派」などのように名ばかりで、実は色々配合されている化粧品が多い中、しっかりと何が入っていないかを明記しているところは安心ですよね。

 

ビューティーオープナーの5つの成分以外はどう?

 

こちらがビューティーオープナーの箱に記載されている全成分表示表です。
この中で気になる成分は、「BG」と「ペンチレングリコール」と「クエン酸」です。ひとつずつ見ていきましょう。

 

BG

BGは、水分を吸収する働きや抗菌性を有しているので、化粧品の保存性を高めるために配合されていることが多いとされています。

 

皮膚刺激性や毒性は殆どなく、使用されている実績が長い中で副作用の報告もないので、安全性が高い成分と考えられます。ただ、目に入ると刺すような痛みを生じることがあるので、目に入らないように注意して下さい。

 

ペンチレングリコール

ペンチレングリコールは抗菌作用がとても優れているので、防腐剤不使用の化粧品などのベース保湿剤として配合されることが多いとされています。

 

現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性は殆どなく、アレルギー反応の報告も殆どないので、安全性の高い成分であると言えます。

 

ただ、ごく稀に接触性皮膚炎のようなアレルギー反応を起こしてしまう人もいるので、敏感肌の人はパッチテストをするようにしましょう。

 

クエン酸

クエン酸は収れん作用を持っているので、収れん化粧品に配合されることがあります。

 

10%以下の配合なら、皮膚刺激性はほとんどなくアレルギーの報告もないので、一般的な化粧品に配合される分量であれば安全性に問題ない成分と考えられています。

 

アトピー性皮膚炎については、ごく稀にアレルギー反応が起こる可能性があるので注意が必要です。

 

このようにビューティーオープナーは気になる成分も安全性が高いものであることが分かります。
なので、口コミでも高評価なものが多く、副作用やアレルギーなどの反応があったという報告は少ないです。

 

ただ、低評価の口コミがゼロというわけではなく、「お肌がヒリヒリした」や「お肌に赤みが出た」という口コミもあります。
それは、もしかしたらBGやペンチレングリコールなどの影響が出ている可能性もあります。

 

どの化粧品にも言えることですが、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、念のためにパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

 

【ビューティーオープナー】キャリーオーバーについては大丈夫?

では、キャリーオーバーの成分についてはどうでしょうか?
化粧品業界における「キャリーオーバー」は聞き慣れない単語だと思うので、説明しますね。

 

キャリーオーバーって何?

化粧品業界におけるキャリーオーバーとは、全成分表示に記載する義務のない成分のことです。

 

2001年より薬事法により、化粧品の全成分表示が義務付けられましたが、キャリーオーバーに該当する成分は、記載しなくても良いことになっています。

 

キャリーオーバーという抜け穴がある!

よくあるのが、化粧品のメーカーが、化粧品の原料製造会社から原料を購入して作る場合、その原料の添加物はキャリーオーバー扱いとなるので、全成分表示には記載する必要がないということ。
これが、私たち消費者には分からない抜け穴になります。

 

なので、どのような場所でどのように製造しているかがポイントとなってきます。
残念ながら、私たち消費者が工場まで見に行くことは難しいので、化粧品メーカーの商品づくりへの姿勢を知ることが、キャリーオーバーについての安心材料と言えるでしょう。

 

国際規格を取得した工場で製造されている!

 

その点、ビューティーオープナーは、国際規格ISO9001を取得した工場で製造されています。

 

ISO9001は、品質マネジメントシステムに関する国際規格で、お客様が商品を購入する時に、本当に安心して購入できるかどうかの基準となる規格です。

 

この規格を取得した工場で製造されているので、製造過程での品質保証も徹底されており、尚且つ自然環境への配慮もしています。

 

なので、ビューティーオープナーはキャリーオーバーについても心配がなく、安全で安心な商品と言えることができると思います。

 

ビューティーオープナーのホームページにも上記画像のようにきちんと記載されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ビューティーオープナーは美容効果がとても優れている美容液ですが、安全性についても安心と言えることができると思います。

 

それは、「何が入っている」ことと同時に「何が入っていない」ことにも注目している、お肌への安全性をとことん追求しているメーカーさんだからです。

 

商品到着後14日間以内なら開封後や使用後でも返品を受け付けているところも、安全に関する自信の表れだと言えるでしょうね。

page top