ビューティーオープナーはシミにも効く?現役エステティシャンが検証!

ビューティーオープナーはシミにも効く?現役エステティシャンが実体験検証!

 

美容家の間でも話題になっているビューティーオープナー。
その人気は、卵殻膜美容液の中でも群を抜いています。

 

その理由は、驚くほど美容液が浸透し、そして即効性があるから。1回の使用でもハリと潤いを実感している人が多くいます。

 

このようなエイジングケアができるビューティーオープナー。更にシミケアもできれば最高ですよね!

 

ここでは、ビューティーオープナーがシミにも効くのかを検証していきましょう。

 

【ビューティーオープナー】シミに即効性はないけれども、じわじわ効いてくる

結論から言いますと、ビューティーオープナーはシミケアもできます。

 

但し即効性はありません。
使い続けているうちにじわじわと効いてくる感じです。

 

では、なぜ即効性がないのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

 

美白美容液ではないから

答えは明白で、ビューティーオープナーは美白美容液とは謳っていないからです。
卵殻膜エキスを95%配合している美容液で、卵殻膜エキスの働きは美白には直接関係していません。

 

ビューティーオープナーの公式サイトにも、「美白効果」や「シミケア」などの記載はありません。

 

実際にビューティーオープナーの美容相談窓口に確認してみた!

 

公式サイトに記載がなくても、もしかしたらシミに対しても謳っているかもしれないので、念のためこちらの美容相談窓口に電話して聞いてみました。

 

ビューティーオープナーの卵殻膜美容液は、シミに効果がありますか?

こちらの卵殻膜はコラーゲンの生成を助ける役割のもので、肌の弾力に効果があり、主にシワやハリへのアプローチができるものです。
なので、シミケアができる美容液という訳ではありません。

 

ただ、お肌の生まれ変わりを促進できるので、使い続けるとお肌が明るくなって、結果的にシミが薄くなったというお声もいただいております。

 

と、とても丁寧にお答えいただきました。なるほど!ですね。
やはり、シミケアができるとは謳っていないようです。

 

ビューティーオープナーはなぜ、じわじわとシミに効いてくるのか?

では、なぜじわじわと効いてくるのでしょうか?

 

卵殻膜にはシスチンが含まれているから

 

 

この全表示成分表に記載がある「加水分解卵殻膜」は、鶏卵の殻と白身の間にある0.07mmの卵殻膜をアルカリによって加水分解して得られる水溶性粉末のことです。
主成分がタンパク質で、20種類のアミノ酸から構成されています。

 

そのアミノ酸の中でも最も多く入っているのがシスチン。
このシスチンは、体内でL-シスチンに変化することで、メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの活性化を抑制する働きが出てきます。

 

メラニンはシミの原因になるので、その酵素の働きを弱めることで、少しずつシミが薄くなっていくと考えられるのです。

 

お肌のターンオーバーを正常化するから

 

美容相談窓口の担当の方も言われていましたが、卵殻膜がコラーゲンの生成を助けるので、お肌のターンオーバーが正常に戻ってきます。

 

お肌のターンオーバーが正常に働いていれば、メラニンが溜まっていたとしても、ターンオーバーの際にメラニンが垢となって剥がれ落ちてくれます。
今あるシミにというよりは、シミ対策ができるということです。

 

ブースター的な役割をしてくれるから

 

ビューティーオープナーは、洗顔後すぐに塗って、後はいつも通りのスキンケア!という使い方をします。

 

ビューティーオープナーを塗った後の、スキンケアの浸透率をより高めるもの、つまり、ビューティーオープナーはブースター美容液とも言えます。

 

普段使っている化粧水や乳液、クリームなどの効果を最大限に引き出してくれるという位置づけになります。

 

なので、ビューティーオープナー自体が直接シミにアプローチできる訳ではありませんが、その後のスキンケアに美白成分が入っていると、それが効いてくるということです。

 

その後のスキンケアに何が入っていれば良い?

では、ビューティーオープナー後のスキンケアにどのような成分が入っていると良いのでしょうか?

 

シミに効果のある成分としては、以下が有名な成分になります。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • フラバンジェノール
  • プラセンタ
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸

などです。

 

この中でも「ハイドロキノン」は美白効果が高いと言われている成分ですが、副作用も沢山報告されています。

 

なので、美白効果が高い成分を選ぶよりは、昔からあるようなビタミンC誘導体や、安全性が高いとされるアルブチンやフラバンジェノール配合のものを使い、ビューティーオープナーでその効果をより高くさせる方がおススメかもしれません。

 

保湿効果が抜群だから

保湿とシミは関係ないと思っているかもしれませんが、保湿とシミには深い関係があります。
逆を言うと、乾燥を放っておくとシミが増える原因になってしまいます。

 

 

なぜなら、乾燥したお肌はバリア機能が弱まっているので、紫外線のダメージを受けやすいから。
通常のお肌よりも紫外線で炎症を起こしやすいので、シミもできやすいのです。
更に乾燥はターンオーバーの乱れも招いてしまうので、メラニンが溜まりやすくなります。

 

ビューティーオープナーには、ヒアルロン酸Naやスクワランなど保湿の代表的な成分が入っているので、保湿効果が抜群です。
卵殻膜エキスだけに注目しがちですが、それ以外にも素晴らしい成分が豊富に入っているのですね。

 

ビューティーオープナーを実際に試してみました!

百聞は一見に如かず!なので、実際に試してみました。

 

 

 

頬のアップを写真で見ると、かなりシミが目立ちますね。
そこまで気にしていなかったのでショックが大きいです。

 

少し見え辛いかもしれませんが、若い頃から頬骨がある辺りにシミができていました。
最初は小さいシミだったのが、加齢と共に繋がり大きなシミになっていました。

 

ビューティーオープナーを使用すると、シミの色が茶色から薄茶色になった気がします。
劇的に変わった訳ではないですが、多少なりとも効果は出ていると思います。

 

もちろん、愛用の美白化粧水をその後に塗っています。
これを続けていけばシミがなくなる日も来るかもしれませんよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

もし、今のお肌の悩みが「シミ」なのであれば、ビューティーオープナーはおススメできません。
シミに即効性がある美容液は他にも沢山あるからです。

 

ただ、お肌のハリや潤いを呼び戻し、エイジングケアをしながらシミ対策もしたい!とお考えなら、ビューティーオープナーは適していると言えるでしょう。

 

一般的に美白のスキンケア製品は刺激性が強いと言われているので、敏感肌や乾燥肌で美白のスキンケア製品が使うのを躊躇していたら、ビューティーオープナーを使うのはアリかもしれませんよ。

page top