卵殻膜美容液のしみ・くすみを薄くする効果の実態は!

卵殻膜美容液がしみ・くすみを薄くする?効果の実態はいかに?

 

どんなに紫外線を浴びないように注意して美白を頑張っても、お肌にシミやくすみがあると全体のトーンが暗く見えてしまいますよね。

 

特に年齢を重ねると、若い時には気にならなかったシミやくすみが次々と出現してしまうこともあります。

 

そこで、この記事ではシミ・くすみ対策として最近注目されている卵殻膜美容液にスポットを当て、その効果の実態や合わせて実践したいおすすめのスキンケア方法などを分かりやすくご紹介していきます。

 

卵殻膜美容液はどうしてシミ・くすみに有効なの?

 

卵殻膜美容液がシミやくすみに有効とされる理由はシステインという成分が豊富に含まれているからです。

 

システインというと、ホワイトニング歯磨き粉などに含まれているので耳にしたことのある人も多いと思いますが、実はこの成分、歯のホワイトニングだけでなく、お肌のホワイトニングにもとても効果的な成分なのです。

 

人のお肌は28日周期で生まれ変わっている、とよく言いますが加齢やストレス、疲労、無理なダイエットによる栄養不足など様々な原因でその周期が乱れてしまうことがあります。
そうすると、シミの元ともいえるメラニン色素がお肌の奥深くに定着してしまうのです。

 

しかし、卵殻膜に含まれているシステインは皮膚のターンオーバーを促進する効果があるため、少しずつメラニン色素が肌の表面(角質層)に浮き上がってきて、シミを薄くすることが期待できるのです。

 

また、不要な角質層がいつまでもお肌に残っていると、肌全体がくすんで見えてしまいますが、それもシステインでお肌のターンオーバーを正常化することでかなり改善されると言われています。

 

さらに、システインはビタミンCと組み合わせることによりさらに効果を発揮します。
これ以上メラニン色素を作らせないため、メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」の活性を抑制したり、すでにできてしまったメラニン色素を無色化する効果まで発揮します。

 

システインは、体内でもある程度は生成される成分ですが、年齢とともに生成量が減ってしまうため、卵殻膜パワーを借りて積極的に取り入れたい成分ですね!

 

そもそもシミ・くすみの原因は?

 

赤ちゃんのお肌を見てみると、シミもくすみもなくプルップルの美肌ですよね。
「私も昔はこうだったはずなのに…。」と思わずため息が出てしまうほどキレイなお肌をしています。

 

では、もともとはなかったはずのシミやくすみは、どうしてできてしまうのでしょうか?
その一番の要因ともいえるのが紫外線です。

 

太陽光は私たちの生命維持に欠かせない存在であることは言うまでもありませんが、大量の紫外線を浴びてしまうとお肌にとっては大きなダメージとなります。

 

一口に紫外線と言っても、地上に届く紫外線はその波長により、UVAとUVBの二種類があります。

 

日焼けをした直後に真っ赤になったり、真っ黒に日焼けを起こすのはUVBが原因ですが、実はもっと怖いのがUVAです。
波長の長いUVAは、お肌の奥まで浸透し、じわじわと肌にダメージを与えるのです。

 

紫外線対策を怠っていると、お肌の奥にどんどんダメージが蓄積され、年月を経てシミとなり肌表面に現れてくることも。

 

しかも、曇りの日でもUVAは地上までしっかりと届くうえ、窓ガラスや薄手のカーテンも通り抜けてしまうので、抜かりない紫外線対策がとても重要です。

 

紫外線を大量に浴びると、それ以上に紫外線がお肌の奥に浸透しないために、防御システムが作動し、メラニン色素が生成されます。

 

「メラニン色素=シミの原因、悪者」というイメージを持たれがちですが、実は紫外線から皮膚を守るためには欠かせない存在です。

 

もし、メラニン色素が存在していなかったら、ほんの少し紫外線を浴びただけで全身水ぶくれができてしまうでしょう。

 

しかし、一時的にメラニン色素が生成されるのは良いことですが、お肌の新陳代謝が悪くなると、それが定着してしまい時間がたっても元のお肌にもどらなくなってしまうのです。

 

大切なのは、できるだけ紫外線をカットし、メラニン色素を生成させないこと、またお肌のターンオーバーを正常化し、生成されたメラニン色素をスムーズに排出させることなのです。

 

卵殻膜美容液の他にシミ・くすみに必要な栄養成分

 

シミ・くすみの改善をしたいなら、卵殻膜美容液と合わせて積極的に取り入れたい栄養成分がいくつかあります。
ここでは、その効果や効果的な摂取方法についてご説明します。

 

ビタミンC誘導体

先ほど、卵殻膜に含まれるシステインは、ビタミンCと組み合わせることでより効果を発揮するとお話ししました。

 

ビタミンCが美白に有効なのは、美容に関心のある女性なら常識だと思いますが、実はビタミンCという栄養成分は構造がとてももろく、壊れやすい不安定な成分であるため、スキンケアになかなか効果が発揮されにくいという欠点がありました。

 

そこで、ビタミンCの効果はそのままで、より安定した構造に改良した成分がビタミンC誘導体です。
ビタミンCそのものよりも、お肌への浸透率が良く、より大きな美肌効果を期待することができます。

 

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水やクリームなどが多く販売されているので、卵殻膜美容液と組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

 

ビタミンB群

ビタミンB2やB6などのビタミンB群もシミ・くすみ対策に有効な栄養成分です。

 

シミやくすみができてしまう事の要因の一つとして、お肌の代謝がうまくいっていないことがあげられますが、ビタミンBを積極的に摂取することにより、お肌のターンオーバーを正常化することができます。

 

ビタミンB群は、水溶性のビタミンで体内に蓄積しておくことができませんし、ストレスなどで大量に消費してしまうビタミンでもあるので、日常的に取り入れることがとても大切です。

 

ビタミンB群が多く含まれる食材として、魚類、豚肉、納豆、ニンジン、牛乳などがあげられます。
加熱に弱いので、じっくりと煮込むよりサッと炒めたり蒸したりする調理方法の方が、効率的に摂取することができます。

 

毎日十分なビタミンB群を摂取するのは意外と難しいので、サプリメントなどを利用してもいいかもしれませんね。

 

ビタミンEなどその他のビタミン群

ビタミンEには強い抗酸化作用があります。
分かりやすく言うと、お肌の老化の原因ともいえる活性酸素の働きを抑制してくれるので、若々しいお肌を保つ手伝いをしてくれる効果です。

 

しかも、この活性酸素はメラニンの生成にも関係しているため、ビタミンEの摂取でメラニンが作られにくくなります。
さらに、全身の毛細血管を拡張させ、血流を良くするという効果もあります。

 

血流がよくなれば、お肌にもしっかりと酸素や栄養が届きますし、老廃物が血液と一緒に流れるため、お肌の新陳代謝が高まります。
これはぜひ積極的に摂取したい栄養素ですよね!

 

ビタミンEはオリーブオイルやなたね油など植物油に多く含まれるほか、アーモンド、カボチャ、赤ピーマン、ほうれん草などにも多く含まれています。
ただし、オイルは取りすぎるとカロリーオーバーになってしまうので気をつけましょう。

 

これらの食材を積極的に摂取しつつ、バランスの良い食事を心がけることが美肌へのアプローチとなります。

 

卵殻膜美容液に加える、シミ・くすみ対策のスキンケアは

 

シミ・くすみを改善したいなら、卵殻膜美容液を使用するだけでなく、他の効果的なスキンケア方法との組み合わせが有効です。

 

まずおすすめしたいのが、ピーリングです。
ピーリングとは「皮をむく」という意味ですが、お肌の最上面にある角質層を除去するスキンケア方法です。

 

人間の皮膚は、いくつもの層が重なり合ってできていて、その最上面が角質層と言われます。
空気中に浮遊しているほこりや細菌などから肌を守ったり、お肌の潤いが逃げてしまわないようにお肌にフタをするような役割があり、ある程度は必要なものと言えます。

 

不要になった角質層は自然と剥がれ落ちるはずなのですが、何らかの理由で肌のターンオーバーサイクルが崩れると、不要なはずの角質がいつまでも肌に残ってしまうことがあります。

 

そうすると、お肌全体がくすんで見えてしまったり、シミの原因であるメラニン色素が肌内部に定着してしまったり、角質が毛穴に詰まったりと、たくさんのトラブルの原因となります。

 

そんな時は、ピーリング作用のある洗顔料などを使用し、角質層を除去しましょう。
ただし、ピーリングをする際には、力を入れてゴシゴシとこすらないこと!優しくお肌をマッサージするくらいの気持ちで行いましょう。

 

また、あまり頻繁に行うと逆にダメージにつながってしまうため、やり過ぎは禁物です。
また、紫外線対策は冬でも曇りの日でも外出しない日でも、毎日怠らずに行いましょう。

 

先ほどもお話ししたように、シミの原因となるUVAは曇りの日でも、カーテン越しにもお肌に届いてしまいます。

 

まったく紫外線を浴びないようにするのは不可能だと思いますので、日焼け止めをきちんと塗るようにしましょう。
また、自宅の窓ガラスにはUVカットシートを貼るのもおすすめです。

 

まとめ

この記事では、シミ・くすみ対策に有効と注目を浴びている卵殻膜美容液についてご説明いたしました。
塗るだけでシミ対策ができるなんて、嬉しいアイテムですよね。

 

しかし、本気でシミをなんとかしたいなら、食事に気を使ったり、他のスキンケアと組み合わせたりすることでより高い効果を期待することができます。
何より、紫外線対策は美肌の基本ですよね。

 

この記事を参考に、シミ・くすみのないよりキレイな素肌を目指していきましょう!

page top